記事一覧

2021新作 ボーム&メルシエ「リビエラ」に、とびきりフレッシュな夏


 1973年に誕生した「リビエラ」ウォッチが2021年、生まれ変わります。エネルギー、生きる喜び、リビエラ生誕の地である地中海のエレガントな海岸の自然が表現されたグリーンダイヤルのモデルが登場しました。メゾンのアイコン的存在でありながら、特徴的な12角形ベゼルとそのスティール製ケースのシルエットは変わらず継承されています。2021年Watches & Wondersで発表された新作に続き、「リビエラ」はひとめで魅了される夏らしい明るいグリーンを纏います。メゾンのアイコンであるこのモデルは、新たなインターチェンジャブルシステムとカラフルなストラップのラインナップにより様々なシーンやファッションに合わせていただくことが可能です。ボーム&メルシエがフォルムウォッチ(ラウンド型以外の時計)の分野でのエキスパートであるということが、この「リビエラ」のメンズ・レディスモデルを通して表現されています。

 1970年代にサントロペで生まれ、人々から愛され常にその時代の価値を伝えてきました。ボーム&メルシエのスタイルが反映され、メゾンの本質とシンプルさが表現されています。それが「リビエラ」なのです。「リビエラ」は、メゾンのスタイルを特徴づける価値を体現して復活します。この伝説的なタイムピースを通してボーム&メルシエは、デザイン、シェイプ、時計製造技術におけるそのノウハウを表現し続け、2021年「リビエラ」は進化を遂げて登場しました。スイスの時計製造のノウハウとオリジナルデザインを受け継ぎながらも、「リビエラ」は今の時代のトレンドを捉え、それに新しい解釈を加えています。この伝統ある第5世代ウォッチは、単なるリバイバルではなく、モダンに進化を遂げてよみがえりました。


グリーンに包まれた夏
 2021年Watches & Wondersで新作コレクションを発表したのち、ボーム&メルシエはその豊かな歴史にさらにインパクトを与えるモデルを発表しました。《セブンティーズ(70年代)》からインスパイアされたアバンギャルドな雰囲気、スポーツクラシックに加え、鮮やかなグリーンが目をひくデザインです。インパクトのある個性を持ち合わせたグリーンダイヤルは、希望と自然愛を象徴するカラーです。



 まず一つ目のグリーンの作品は、控えめでスポーティな時計を求めるあらゆるタイプの女性と男性に向けられたケ ース径36mmのモデルです。スティール製の「リビエラ」は、このサイズの他のモデルと同じく50m防水機能がついています。ブルガリ 時計 買取サンレイ・サテン仕上げ、ウェーブ装飾の明るいグリーンのラッカー仕上げダイヤルを備えています。比類のないスタイルを持つこのウォッチは、バッテリー寿命10年の新世代《スイス製》クォーツムーブメントにより駆動します。
二つ目の作品は、より男性的で独特なウェーブ装飾が施された深いグリーンのダイヤルを備えています。ポリッシュ-サテン仕上げされたケース径42mmのスティール製《スイス製》の自動巻きモデルです。もちろん、リビエラの象徴である12角形のベゼルを備え、輝くサンレイ・サテン仕上げダイヤルはグリーンの装飾がアクセントとなりフレッシュなデザインとなりました。こちらのモデルには、100m防水機能がついています。


Fast Strap システムにより、「リビエラ」は、お好きな時にストラップ・ブレスレットを替えることができます。
 デザインの分野でエキスパートであるボーム&メルシエは、2021年発表された「リビエラ」コレクションすべてのケースにブレスレット(スティール製またはラバー)がどのようにフィットするのか、一体型にするための開発を重ねてきました。ボーム&メルシエの時計師たちにより繊細に考え抜かれたこの一体型Fast Strap システムは、バランスよく調和のとれたシルエットをもたらし、さらに着用される方へ快適な着け心地を提供します。
 夏のスタイルにぴったりの2つの新モデルは、インターチェンジャブルのグレイングリーンとサテングリーンのラバーストラップとセーフティ・トリプル・フォールディング・バックルが装着されます。ボーム&メルシエが開発したFast Strap インタ ーチェンジャブルシステムにより、ストラップからスティール製ブレスレットに数秒で付け替えることができます。この全く新しいFast Strap システムは、特別なツールを使うことなく、ブレスレットやストラップはラグの間の中央にクリップ式で簡単に固定されます。子供でも簡単に付け替えることが出来るほど非常に簡単なのです!


【おすすめの関連記事】:http://komoriya.top

『シチズン(CITIZEN)』の“伝統”をその身に宿す腕時計たち

「シチズン」は1918年に誕生した日本有数のウォッチブランド。ブランド名には「市民に親しまれる」という想いが込められており、実用的かつコスパに優れた腕時計を数多く取り扱っています。

同ブランドの腕時計は、わずかな光で充電できる「エコ・ドライブ」搭載モデルが人気。幅広い世代におすすめです。



ホワイトの文字盤にブルーの革ベルトを合わせた、人気のアナログ腕時計です。時針・分針・秒針には爽やかなブルーを配置。さらに、文字盤にはうっすらとホワイトのストライプ柄があしらわれています。

防水性能は、安心して水仕事ができる10気圧防水。さらに、日本・中国・アメリカ・ヨーロッパの標準電波を受信して、時刻を自動修正する機能も備えています。

ソーラー充電システム「エコ・ドライブ」を搭載しているため、電池切れの心配がないのも嬉しいポイント。オン・オフを問わず着用できる、おすすめの腕時計です。



ステンレスの5倍以上の表面硬度があると謳われる独自素材、「スーパーチタニウム」を使った人気の腕時計です。クロノグラフや目盛りを組み合わせたメカニカルなデザインが魅力。ケースやベルトはブラックで統一されており、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

ソーラー充電システムやGPS衛星電波受信機能を備えているのもポイント。また、ホームタイムとローカルタイムを同時に表示できるデュアルタイム機能も付いているため、海外旅行や出張時に重宝します。

防水性能は10気圧防水。メンテナンスフリーで長く愛用できる、おすすめの腕時計です。



上品なグリーンの文字盤と太めの逆回転防止ベゼルを組み合わせたダイバーズウォッチです。防水性能は200m潜水用防水。水泳はもちろん、スキューバダイビングも着用したまま楽しめます。

インデックスには視認性のよいポイントインデックスを採用。また、インデックスや針には夜光塗料があしらわれているため、日光が届くにくくなる水深20m以上の海中でも情報をしっかり読み取れます。

衛星電波受信機能も備えているので、普段使い用の腕時計にもぴったり。アウトドアシーンだけでなく、ファッションウォッチとしても活躍するおすすめの腕時計です。

【関連記事】:http://kenichiro.top/

2本しか時計を持たないナイジェル・ケーボンは、なぜタイメックスとコラボしたのか?

機構の凄さや稀少性といった一般的な価値観では測りきれない魅力を持つ腕時計。それがミリタリーウォッチである。

事実、街角を行くセンスのいい大人の腕にはかなり高い確率で、ミリタリーウォッチが巻かれている。

そこで、世界を代表するモノ好きファッションデザイナー、ナイジェル・ケーボンさんに聞いてきた。「なんで男はミリタリーウォッチに惹かれるんですか?」



ナイジェル・ケーボンさん。1949年、イギリス・ニューカッスル生まれ。今年、デザイナーデビュー50周年を迎えた大ベテラン。「3度のメシよりヴィンテージ好き」で、来日中には中目黒のジャンティーク、高円寺のサントラップといった古着屋巡りが欠かせない。
アウトドアやミリタリーのヴィンテージウェアのコレクターとして知られるファッションデザイナー、ナイジェル・ケーボンさん。御年69歳。

英国北部のニューカッスルで生まれ育ち、ファッションに興味を持った1960年代からコツコツ蒐集してきたそれらの量は膨大で、それこそガラクタから“博物館” 級のアイテムまでわんさか。

そんな彼だからこそ「時計もさぞかしたくさん持っているんだろうな」と話を聞いてみると、なんと2本しか持っていないという。しかも、どちらもミリタリーウォッチなんだとか。

「エクストリームな環境で確かな情報を得るためのツールとして進化したミリタリーウォッチは、使いやすく、タフで、邪魔にならなくて、武骨で、すべてのディテールに意味があって、歴史もある。モノ好きにとってこれ以上魅力的なものなんてないよ(笑)。と言いつつ、時計は着けるのが煩わしくてずっと興味がなかったんだけどね。ブランド時計 コピーでも、“コレならいいかも”と初めて買ったのがIWCの『パイロット・ウォッチ』。無駄を削ぎ落としたデザインが気に入っていて、出会いは確か……1990年だったかな」

以来30年、毎日着けているのだという。ちなみにこれは左手専用で、 針はいつも故郷英国の時間に合わせてる。で、右手に着けているのは?



ナイジェルさんが所有するすべての腕時計。左が「レマニア」のヴィンテージクロノグラフ、右が30年前に購入した「IWC」のパイロット・ウォッチだ。これを毎日“両手”に着けている。
「1967年代のヴィンテージ。LEMANIA(レマニア)というブランドのもので、英国空軍に納入していたアイテム。“ボタン”がゴチャゴチャ付いていないワンプッシュ・クロノグラフがクールだと思ってさ。そしてダイヤルに刻印された英国空軍の象徴『ブロードアロー』マーク。矢印みたいなコレが僕の大好物(笑)。女性にはわからないかもしれないけど、男だったらわかるよね? こういうところに固執しちゃうところ」

5年前に日本で手に入れたという1本について楽しそうに話すナイジェルさん。これは右手専用で、滞在している国の時間にセット。「 超アナログなデュアルタイムさ(笑)」と、使い分けについて教えてくれる。

しかし、これで持っている時計はすべて。そのことについては「簡単さ。タグホイヤー コピーこの2本を超える魅力的なアイテムと出会っていないだけ。でも、タイメックスと一緒に作ったこれは、3本目のコレクションに迎え入れるのに相応しい出来だね」と、小さなコットンキャンバス製の袋を取り出した。


【関連記事】:女性たちが憧れる“一生もの”は、プレゼントにもベスト

非日常を腕に巻く、オトコの本能刺激系な腕時計

男が羨望の眼差しを向けるものは決して理屈なんかじゃない。力強く勇ましい風格であったり、強靭で堅牢なスペックであったり、普段は使うことのないようなプロフェッショナル機能であったり。

いわば非日常を感じてしまう、規格外の存在に心奪われてしまうものだ。ウブロ 時計 値段僕らの本能を無条件に刺激する、そんな時計を集めてみた。



【上】
力強さに満ちた漆黒の角形時計
GIRARD-PERREGAUX
ジラール・ペルゴ/ヴィンテージ 1945 XXL ラージデイト&ムーンフェイズ
緩やかに曲線を描いた角形デザインに力強い存在感を宿すヴィンテージ 1945は、ロレアートと並びブランドのアイコンともいうべき時計だ。今作では、70周年を迎えた一昨年に登場したハーフスケルトンダイヤルモデルのケース素材にチタンを採用して、ブラックDLC加工を施すことで本来のクラシックテイストをモダン&マッシブにガラリと刷新した。チタンケース、縦36.1×横35.25㎜、自動巻き。200万円/ソーウインド ジャパン 03-5211-1791

【中央】
優雅なマリンスタイルに秘めた"鋼の体幹"
OMEGA
オメガ/シーマスター アクアテラ マスター クロノメーター
ひけらかすのではなく、内に秘めてこそタフネス、男らしさでもある。それを教えてくれるのが、1万5000ガウスという高耐磁性を備えたマスター クロノメーターを取得するオメガの時計。鍛え抜かれた体幹のような魅力を持つ一方で、ケースサイズをより小ぶりにしつつ、ベゼルデザインもシンプルに。SS×K18セドナゴールドケース、38㎜径、自動巻き。78万円/オメガ 03-5952-4400

【下】
名ばかりのミリタリーを超えた真の強者
BALL WATCH
ボール ウォッチ/エンジニアハイドロカーボン デブグル
米海軍特殊部隊「デブグル」が開発を要請したのは、高さ10mからの落下に耐える強靭な腕時計だった。これに対し、文字盤を囲んだ赤いエラストマー素材でムーブメントと文字盤への衝撃を吸収。そして、シンプルながらも屈強さを増したスクリュー式リュウズガードや、巻芯との接続部にスプリングを内蔵したリュウズは防水性と耐衝撃性を両立。SSケース、42㎜径、自動巻き。23万円/ボール ウォッチ・ジャパン 03-3221-7807


【関連記事】:流行の高級機械式腕時計、パック、服、財布、ジュエリー販売