記事一覧

ブランパンが、「フィフティ ファゾムス バチスカーフ デイ・デイト」の新作モデルを発表

ブランパンはこの度、「フィフティ ファゾムス バチスカーフ デイ・デイト」の新作モデルを発表します。この500本限定エディションは、1970年代のブランパンのダイバーズウォッチから着想を得ており、サンバーストパターンが施されたグラデーションカラーのサンドベージュダイヤルが特徴です。時計スーパーコピーこのニュアンスは砂漠、特に水中写真のパイオニアであり、『エディション フィフティ ファゾムス(註1)』プロジェクトにも携わってきたアーネスト H. ブルックス IIが1962年に大規模なダイビングを行った、アメリカのデスバレーを想起させます。



彼が話しているダイビングとは、地球の中心部まで抉るような深さ120mを超える水中の裂け目であり、巨大な地下水脈への入口にもなっているデビルズホールで行ったものです。デビルズホールはまた、希少な絶滅危惧種の魚、キプリノドン・ディアボリスの唯一の生息地であり、これを初めて写真に収めたのがブルックスです。
新しいデザートカラーの「フィフティ ファゾムス バチスカーフ デイ・デイト」は、冒険家、愛好家、クリエイティブな精神を持つ人向けに作られています。



1970年代、ブランパン自身の革新的な考え方によって、バチスカーフ モデルの伝統的なデザイン基準を打ち破り、クッション型のケース、従来の回転式アウターベゼルに代わる回転式インナーリング、グラデーションカラーのグレーのダイヤル、曜日および日付表示を備えた一連のシリーズを製造するようになりました。チュードル 時計 レディース「バチスカーフ デイ・デイト デザート エディション」のダイヤルはこのスタイルを踏襲しており、コレクション初となるカラー、サンドベージュの繊細なグラデーションとの組み合わせが実現しました。



その色合いとサンバースト仕上げによってすばらしい明瞭さを実現し、大型の長方形のアワーマーカーによって、表示される情報を瞬時に読み取ることができます。
チャプターリングは5分ごとのアラビア数字で区切られており、1970年代の時計の回転式インナーリングを想起させます。この時期のタイムピースに見られるように、日付と曜日の窓は3時位置にあります。針にはスーパールミノバ®が塗布されており、初期のバチスカーフ モデルと同じバトン型のデザインを備えています。


【関連記事】:ブランドの時計新作、評論して、ニュース発表

グランドセイコーより、セイコーの創業者 服部金太郎の生誕160周年とセイコー創業140周年を記念した、二つの限定モデルが登場

<グランドセイコー>より、セイコーの創業者 服部金太郎の生誕160 周年とセイコー創業140 周年を記念した、二つの限定モデルが登場

セイコーウオッチ株式会社は<グランドセイコー>から、IWCのレディースセイコーの創業者である服部金太郎の生誕160周年を記念した限定モデル1モデルと、セイコー創業140周年を記念した限定モデル1モデルを2021年1月22日(金)に発売いたします。
希望小売価格はそれぞれ11,550,000 円(税込)(税抜10,500,000 円)、3,300,000 円(税込)(税抜3,000,000 円)です。


【セイコーの歴史】
創業者服部金太郎は、1860年10月9日(旧暦。新暦では11月21日)、現在の銀座に生まれました。少年期に時計店の様子を見て、「販売だけでなく修理でも利益が得られ、客足の少ない日でも大切な『時』を無為に過ごさなくともよい。」と考え、時計商になろうと決心しました。その後、時計店で時計の修理や販売を学んだ後、1881年、21歳の時、「服部時計店」(現在のセイコーホールディングス株式会社)を創業しました。
当初は輸入時計の販売や修理を主体としていましたが、時計の自社製造を目標としていた金太郎は、1892年、時計の製造工場「精工舎」を設立し、掛時計の製造を開始しました。精工舎ではその後、部品の製造から組立まで一貫して自社で行うことによって、精巧で品質の高い製品を世に送り出しました。

3年後には、当時需要が高まっていた懐中時計の製造を開始し、1913年には、やがて腕時計の時代が到来することを先見し、国産初の腕時計の製造にこぎつけました。以降、服部金太郎の先見の明と独自の経営理念により、服部時計店は日本の時計産業の礎を築きました。

日本の時計産業を牽引し、「東洋の時計王」と呼ばれた服部金太郎が残した下記の言葉や経営理念は、グランドセイコーのブランド思想やものづくりにも脈々と受け継がれています。

・常に時代の一歩先を行く(革新)
「すべて商人は、世間より一歩先に進む必要がある。ただし、ただ一歩だけでよい。何歩も先に進みすぎると、世間とあまり離れて預言者に近くなってしまう。商人が預言者になってしまってはいけない。」

・急ぐな休むな(進化)
「向上心はどこまでも持っていて、一歩一歩少しずつでも急がず休まずに働いていった方がよい。」「急げば休まなければならぬ。休まず進まんとすれば急いではならぬ。」

・良品は必ず需要者の愛顧を得る(高品質)
服部金太郎は精工舎の設立時から「精巧な時計を作ることで成功を収める」ということを固く決意しており、製造会社を「精工舎」と命名したことにも並々ならぬ決意が見て取れます。そして、良品こそが顧客の信頼を得ることができるという強い信念を持っていました。


稜線の際立つプラチナケースと、それに呼応するカーブを描く風防ガラス
冷間鍛造でつくり出された稜線の際立つプラチナケースは、セイコーの持つザラツ研磨(※1)の技術を結集し、平面も曲面も歪みなく磨き上げられています。また、風防ガラスは、複数のカーブ形状を歪みなくつなぐことで、全体に柔らかい印象を与えつつ、ダイヤルの隅々まで見える視認性の高さを実現しています。


新しい技法を取り入れた、繊細な放射を放つ多層ダイヤル
初代グランドセイコーのダイヤルでは叶わなかった放射模様から発想を得た多層ダイヤルは、現代の加工技法を結集するとともに新たな技法を取り入れることでつくられています。
繊細な放射模様にブランドロゴ、SD マーク(Special Dial マーク= 金無垢のインデックスを採用したダイヤルに入れられるマーク)、そして秒目盛が浮かび上がり、印刷によらず立体の陰影のみで美しさと視認性を実現しているのが特徴です。また、特別に14K ホワイトゴールドでつくられたインデックスと時分針は、切削で成形した金無垢の質感が活きたシャープな形状です。

3日間を優に超える約84 時間の持続時間を持つスプリングドライブ(※2) ムーブメントを採用
本モデルに搭載されているムーブメントは、高級時計の専門工房「マイクロアーティスト工房」(※ 3)(セイコーエプソン株式会社 塩尻事業所内)で手がけられ、「デュアル・スプリング・バレル」(※4)と、「トルクリターン・システム」(※5)の組み合わせによって約84 時間の持続時間を持つスプリングドライブ「キャリバー9R02」です。
ムーブメントの受には「Micro Artist」と彫刻された18K イエローゴールド製のワッペンが取り付けられており、このプレートを、お客様の希望される言葉を彫り込んだプレートと交換してお渡しすることもできます。

【関連記事】:高級ブランドと有名人のマッチングに焦点を当てる

AP ハウス - オーダーメイドのハウス

オーデマ ピゲとキャロリーナ・ブッチの提携は2016 年に始まりました。マニュファクチュールはロイヤル オークの40 周年にあたり、1976 年にジャクリーヌ・ディミエがデザインしたレディス向けロイヤルオークを新たな視点で解釈するというチャレンジをこのジュエリーデザイナーに要請しました。この機会にキャロリーナは、ダイヤモンドの星くずが輝くフロステッドゴールド ロイヤル オーク ウォッチをデザインしました。フロステッドゴールドとは、フローレンスに古くから伝わるゴールドの鍛金技術を使った表面処理の工法です。
フロステッドゴールド は、ゴールドの面をダイヤモンドチップの治具で細かく打って小さなへこみを作ることにより、表面にダイヤモンドの輝きのようにきらめく効果を生むものです。キャロリーナ・ブッチのクラフツマンたちとオーデマ ピゲ マニュファクチュールは、数か月かけてこの工法で試作を重ね、ロイヤル オークのクリーンなラインに影響を与えずにケースとブレスレットをこの工法で仕上げることに成功しました。
2018 年にはこの提携により、現代的な女性をイメージしたロイヤル オーク フロステッドゴールド キャロリーナ・ブッチ限定エディションが誕生しました。300 本の限定エディションは、フロステッド イエローゴールドのケースと、絶えず変遷するウォッチの環境と呼応するユニークなミラーダイヤルを初めて採用しています。



「最初のフロステッドゴールドのデザインでは、
ロイヤル オークのケースと
ブレスレットの完璧性を、
完全に不完全なフィレンツェ仕上げと
高精度のスイス時計製造とを
並べることにより、
⟪ラフにシェイプアップ⟫させました。
この限定エディションでは逆に、
⟪タペストリー⟫ダイヤルの表面の
テキスチャーを完璧になめらかなミラーに
平面化しました。」
キャロリーナ・ブッチ
ジュエリーデザイナー

この二つの提携プロジェクトにより、ハイジュエリーとオートオルロジュリーを融合させた素晴らしいタイムピースが誕生しました。マニュファクチュールの高級ジュエリーウォッチの長い歴史を讃えるものです。そしてキャロリーナ・ブッチとオーデマ ピゲとの間には、さらなる多くのサプライズを予感させる強い友情と絆が生まれました。


「Keep It Super Simple(できるだけシンプルに)というアプローチは、最初から気に入りました。AP の精神とクラフトのとてもシンプルな雰囲気にぴったり合うからです!オーデマ ピゲは複雑な時計を作ってきたし、もちろんこれは時計製造として素晴らしいことです(!)。ただし私たちの仕事のやり方はとてもストレートで、これがキャロリーナとの提携を成功させた一つの理由だと思います。ものの考え方が似ているのです。キャロリーナが新しいK.I.S.S コレクションを私たちに見せ、時計師の仕事にインスパイアされてデザインしたと言った時、全てに納得が行きました。美しいゴールドの糸はウォッチのムーブメントの部品を思わせ、ブレスレットがどのように形づくられているかも理解できました。

【関連記事】:https://chengji60070kh.wordpress.com/

シチズンとヨウジヤマモトのコラボレート「Ground Y “ANA-DIGI TEMP” Limited Black Collection」~限定200本を2月10日発売

ヨウジヤマモト社のフィルターを通し、コンセプトにシンクロする多面的な要素を取り入れながら、“ジェンダーレス”、時計スーパーコピー“エイジレス“なスタイルでファッションの新たな可能性を提案するブランド「Ground Y(グラウンド ワイ)」は、ブランドとしては初となる「腕時計」をシチズンとのコラボレートで展開致します。

Ground Y直営店舗、及びヨウジヤマモト社公式オンラインストア 「THE SHOP YOHJI YAMAMOTO」にて2月10日(水)より販売開始。


1980年代に登場し、当時大ヒットモデルとなった「ANA–DIGI TEMP」。アナログとデジタルを組み合わせたメカニックなデザインだけでなく、クロノグラフやアラーム、温度計、カレンダーなどの機能性も抜群で、日本国内だけでなく海外でも長い間人気を博したモデルです。今回のコラボレーションでは、フェイスやベルトだけでなく、裏蓋までオールブラック仕様にすることで、ヨウジヤマモト社のDNAを表現しています。フェイスと裏蓋には「Ground Y」のロゴを配し、限定200本それぞれにシリアルナンバーが刻印されている貴重な一品です。


▼Citizen: シチズン時計は、部品から完成時計まで自社一貫製造するマニュファクチュールであり、世界約140 の国と地域でビジネスを展開。1918 年創業以来、“Better Starts Now”の信念のもと、ウブロ 時計 メンズ世界に先駆けて開発した光発電技術「エコ・ドライブ」や、最先端の衛星電波時計など、常に時計の可能性を考え、開発を重ねてきました。



重さ:約68g
厚み:約8.0mm/横幅:31.0mm
ガラス:クリスタルガラス
ケース:ステンレス
バンド:ステンレス
月差±15秒|日付表示|曜日表示|日付早修正機能|12/24時間表示切替機能|1/1000秒クロノグラフ( 12時間計)|デュアルタイム機能|カレンダー月末無修正機能|電池寿命切れ予告|機能|温度計機能|アラーム|時報|照明|電池寿命約2年


【関連記事】:冬の新作ファッションコーディネートをごゆっくりご覧ください