記事一覧

白Tに角形時計の安定感。チェット・ベイカーを気取れる名門モデルをチェック!

角形は本来ドレスウォッチに属するが、その堅さをTシャツのリラックス感が和らげるのかもしれない。

没後も根強いファンを持つ著名なトランペット奏者は、まさにそんなスタイルを実践していた。彼の型にはまらない着こなしは、自由を重んじるジャズのスピリットにも似ている。



CARTIER
カルティエ/サントス デュモン
飛行家アルベルト・サントス=デュモンの「操縦桿から手を離さずに時刻を確認できる時計が欲しい」という依頼から、1904年に誕生した世界初の紳士用腕時計として知られる。

その最新モデルは、オリジナルに忠実な細身のローマ数字インデックスと、その外周にレイルウェイ型目盛りを配し、滑らかなケースラインに添うベゼルにはビスを配置。存在感あるサイズに、手巻き式ならではの薄さがマッチし、現代のエレガンスが宿る。



JAEGER-LECOULTRE
ジャガー・ルクルト/レベルソ・トリビュート・スモールセコンド
ポロ競技での衝撃にも耐える反転ケースにスモールセコンドを備え、1930年代の初期モデルの優美なボルドーダイヤルを再現した。

同色で統一したストラップは、ポロ用ブーツの名門カーサ・ファリアーノが手掛け、アールデコ様式の中にもスポーティなモデルの出自を彷彿させる。



HARRY WINSTON
ハリー・ウィンストン/HW エメラルド・オートマティック 33mm
独特のケースフォルムは、ロゴマークを象るハリー・ウィンストンのシンボルであり、創始者がこよなく愛したエメラルドカットのダイヤモンドをモチーフにする。

美しいサンレイ仕上げのグラデーションダイヤルには、ブランドカラーであるブルーを採用し、同色ストラップにも躍動感が溢れる。


【関連記事】​​​​​​​: 【2021年】時計業界の新作発表は完全オンラインへ

コメント一覧