記事一覧

モンブラン 2021年新作ウォッチ ~ モンブラン 1858 スプリットセコンド クロノグラフ リミテッドエディション18

モンブランは、ライムゴールドと呼ばれる革新的で特殊な18Kゴールド合金製のモンブラン 1858 スプリットセカンド クロノグラフ リミテッド エディション 18 を発表します。独特のヴィンテージタイムピースを好む愛好家のために作られた真の時計です。



1920年代から1930年代にかけて伝説を残したプロ仕様のミネルバ ウォッチは、極限の条件下で使用する場合でも正確で優れた視認性と堅牢性を発揮する、軍用に考案された時計でした。これらの歴史的な時計に触発されたモンブラン1858 製品ラインは、ミネルバの伝統に敬意を表しています。モンブラン1858 タイムピースは、山を探索し、アウトドアと自然を楽しむという世界的なトレンドに即したツールウォッチとしてデサインされ考案されています。


モンブラン 1858 スピリットセコンド クロノグラフ リミテッド エディション 18

モンブラン1858 スプリットセカンド クロノグラフ リミテッドエディション 18 は、オリジナルキャリバー19-09CH を搭載した1930年代の46mm ミネルバの歴史的なミリタリークロノグラフを再解釈したもので、ライムゴールドと呼ばれる革新的な18K ゴールド合金製のケースで造られています。特徴的なゴールドカラーの文字盤、 対照的なグリーンのエレメントと、それにマッチするヴィンテージグリーンのヌバックカーフストラップ - 色の調和がこの時計を個性的にしています。



淡い黄みがかった緑色に変化する濃い金色であることから、ライムゴールドと名付けられたこの金色のモデルを発表するのは、時計メゾンにとって初のことです。タグ・ホイヤー - Wikipediaライムゴールドの色は、18K 金(Au 750‰)、銀(Ag 238‰)、鉄(Fe 12‰)で構成される特殊合金から成り、真のヴィンテージの美の表現にふさわしい独特の色を提供します。

新しい 44mm 18Kライムゴールドケースの色に合わせて、モンブラン 1858 スプリットセコンド クロノグラフ リミテッド エディション 18は、サンレイ仕上げの特徴的なゴールドカラーの文字盤を備えています。優れた読みやすさとヴィンテージスタイルを提供するモノクロームの美学は、12時位置にある歴史的なモンブランシンボルマークと共に、カテドラル型のルミネセントの時針と分針、ミニュトリーのスケール、中央のスプリットセコンド針、タキメーターとテレメーターのスケールなど、さまざまな色調の対照的な緑色のエレメントと組み合わされています。昼夜を問わず立体感を出すために、アラビア数字は完全にスーパールミノバ®でできており、特別な特許取得済み工程によって発光材料をカプセル化し、輪郭のない「モノブロック」形状を実現しています。中央のクロノグラフの秒針と、クロノグラフの30分積算カウンター、スモールセコンドカウンターにはゴールドカラーが選択されています。



文字盤上のガラスは、内側のトップサファイアクリスタルに耐磁性処理を施し、クロノグラフの2つの秒針の精度を高めています。
オリジナルの時計と同様に、モンブラン 1858 スピリットセコンド クロノグラフ リミテッド エディション 18には、文字盤の外周にテレメータースケールがあります。テレメーターは伝説的なミネルバクロノグラフに共通する機能であり、この新作時計に機能とヴィンテージ感の両方を与えます。テレメーターを使って、嵐の中の稲妻や雷など、目に見える現象と聞こえる現象の距離を測定できます。また、文字盤の中央にはコリマソン(スネイル型)に表示されたタキメーター(ベース1000)があり、従来のクロノグラフのように1分ではなく、最長3分の時間を測定できます。タキメーターは、既知の距離に対して自動車などの移動物体の速度を測ることができます。
ケースバックには、1909 年のオリジナルのミネルバキャリバー 19-09CH と、懐中時計と腕時計の両方に使用された1930年代に開発された進化型 17-29 からインスピレーションを得たマニュファクチュール モノプッシャークロノグラフ キャリバー MB M16.31 が表示されます。キャリバー MB M16.31 は、コート・ド・ジュネーブ装飾、内角、サーキュラーグレイン仕上げ、ベベルカットなどの伝統的な手仕上げによる、極上の美しさが特徴です。すべての加工はヴィルレのモンブランマニュファクチュールで行われます。センターのスプリットセコンドメカニズムは、ムーブメント全体にさらに多くの光をもたらします。

【関連記事】:こだわった天然素材が醸し出す品の良さも魅力

コメント一覧