記事一覧

グランドセイコーより、セイコーの創業者 服部金太郎の生誕160周年とセイコー創業140周年を記念した、二つの限定モデルが登場

<グランドセイコー>より、セイコーの創業者 服部金太郎の生誕160 周年とセイコー創業140 周年を記念した、二つの限定モデルが登場

セイコーウオッチ株式会社は<グランドセイコー>から、IWCのレディースセイコーの創業者である服部金太郎の生誕160周年を記念した限定モデル1モデルと、セイコー創業140周年を記念した限定モデル1モデルを2021年1月22日(金)に発売いたします。
希望小売価格はそれぞれ11,550,000 円(税込)(税抜10,500,000 円)、3,300,000 円(税込)(税抜3,000,000 円)です。


【セイコーの歴史】
創業者服部金太郎は、1860年10月9日(旧暦。新暦では11月21日)、現在の銀座に生まれました。少年期に時計店の様子を見て、「販売だけでなく修理でも利益が得られ、客足の少ない日でも大切な『時』を無為に過ごさなくともよい。」と考え、時計商になろうと決心しました。その後、時計店で時計の修理や販売を学んだ後、1881年、21歳の時、「服部時計店」(現在のセイコーホールディングス株式会社)を創業しました。
当初は輸入時計の販売や修理を主体としていましたが、時計の自社製造を目標としていた金太郎は、1892年、時計の製造工場「精工舎」を設立し、掛時計の製造を開始しました。精工舎ではその後、部品の製造から組立まで一貫して自社で行うことによって、精巧で品質の高い製品を世に送り出しました。

3年後には、当時需要が高まっていた懐中時計の製造を開始し、1913年には、やがて腕時計の時代が到来することを先見し、国産初の腕時計の製造にこぎつけました。以降、服部金太郎の先見の明と独自の経営理念により、服部時計店は日本の時計産業の礎を築きました。

日本の時計産業を牽引し、「東洋の時計王」と呼ばれた服部金太郎が残した下記の言葉や経営理念は、グランドセイコーのブランド思想やものづくりにも脈々と受け継がれています。

・常に時代の一歩先を行く(革新)
「すべて商人は、世間より一歩先に進む必要がある。ただし、ただ一歩だけでよい。何歩も先に進みすぎると、世間とあまり離れて預言者に近くなってしまう。商人が預言者になってしまってはいけない。」

・急ぐな休むな(進化)
「向上心はどこまでも持っていて、一歩一歩少しずつでも急がず休まずに働いていった方がよい。」「急げば休まなければならぬ。休まず進まんとすれば急いではならぬ。」

・良品は必ず需要者の愛顧を得る(高品質)
服部金太郎は精工舎の設立時から「精巧な時計を作ることで成功を収める」ということを固く決意しており、製造会社を「精工舎」と命名したことにも並々ならぬ決意が見て取れます。そして、良品こそが顧客の信頼を得ることができるという強い信念を持っていました。


稜線の際立つプラチナケースと、それに呼応するカーブを描く風防ガラス
冷間鍛造でつくり出された稜線の際立つプラチナケースは、セイコーの持つザラツ研磨(※1)の技術を結集し、平面も曲面も歪みなく磨き上げられています。また、風防ガラスは、複数のカーブ形状を歪みなくつなぐことで、全体に柔らかい印象を与えつつ、ダイヤルの隅々まで見える視認性の高さを実現しています。


新しい技法を取り入れた、繊細な放射を放つ多層ダイヤル
初代グランドセイコーのダイヤルでは叶わなかった放射模様から発想を得た多層ダイヤルは、現代の加工技法を結集するとともに新たな技法を取り入れることでつくられています。
繊細な放射模様にブランドロゴ、SD マーク(Special Dial マーク= 金無垢のインデックスを採用したダイヤルに入れられるマーク)、そして秒目盛が浮かび上がり、印刷によらず立体の陰影のみで美しさと視認性を実現しているのが特徴です。また、特別に14K ホワイトゴールドでつくられたインデックスと時分針は、切削で成形した金無垢の質感が活きたシャープな形状です。

3日間を優に超える約84 時間の持続時間を持つスプリングドライブ(※2) ムーブメントを採用
本モデルに搭載されているムーブメントは、高級時計の専門工房「マイクロアーティスト工房」(※ 3)(セイコーエプソン株式会社 塩尻事業所内)で手がけられ、「デュアル・スプリング・バレル」(※4)と、「トルクリターン・システム」(※5)の組み合わせによって約84 時間の持続時間を持つスプリングドライブ「キャリバー9R02」です。
ムーブメントの受には「Micro Artist」と彫刻された18K イエローゴールド製のワッペンが取り付けられており、このプレートを、お客様の希望される言葉を彫り込んだプレートと交換してお渡しすることもできます。

【関連記事】:高級ブランドと有名人のマッチングに焦点を当てる

コメント一覧

グッチの高コスパバッグ URL 2021年12月22日(水)16時20分 編集・削除

ファッショニスタやブロガーたちの間でいま人気が高まりつつあるバッグブランド(グッチ)。デザイン性が高く、ほどよく取り入れられたトレンドに気張り過ぎないぬけ感がいい感じ!しかも ほとんどのモデルが3万円台というお手頃さなんです。

愛用品をチェック URL 2021年12月23日(木)12時22分 編集・削除

ファッションやビューティ、海外セレブの最新情報をいち早くお届けします。